IRO☆IRO

日常の小さな備忘録

久々に雑誌購入♪

先日 プルシェンコ氏のインタビューが掲載されていると知り

大急ぎでポチった雑誌が届きました。

Number966号

f:id:ema625:20181125130442j:plain

個人的には なぜこの写真?な羽生結弦くんの表紙ですけれど…

 

オリンピックでの夢を叶えたあとの目標は「少年の頃から憧れていたプログラムを滑る」

自分の夢だけのためにスケートをやっている、そんな今シーズンをスタートした羽生結弦選手が、

カナダ オータムクラシックでの悔しさで戦いの火を付けられた と語っていました。

気持ちの変化が大きかったのですね。

そして尊敬し、憧れてきたプルシェンコ氏、 ジョニー・ウィアー氏の曲を使い、プログラムされた演技で 勝つことが ギフトとして自分のリスペクトを彼らに贈るということだと思う、と。 素敵☆

 

それに対してプルシェンコ氏も、五輪連覇してもなお さらに上を目指す姿勢に最大限の敬意を表したい と思える羽生選手だからこそ、この曲を使用してのプログラムを応援する と。

そして できればニジンスキーの動きを取り入れてほしい、と提案されていました。

f:id:ema625:20181125135807j:plain

                      わっ!わんこの手が…じゃなくて足が…

 

このニジンスキーの動き というのがよくわからないですけれど

ニジンスキーはロシアの伝説的ダンサーです)

プルシェンコ氏が2004年に 芸術点オール6点という評価だった

伝説の「ニジンスキーに捧ぐ」をお借りしました。

2:30くらいからの ドラマチックな激しいステップのことでしょうか?

 

 

このプログラムはプルシェンコ氏にとっても 大切な特別なプログラムでスケートへの情熱を失いかけた時期の 転機となるものだったようです。

 プルシェンコ氏の演技、力強くて鳥肌がたつほど感動します!

 

プルシェンコ氏の提案を受けて、演技構成が変わってくるかしら?

ちょっと楽しみ☆

 何はともあれ 羽生結弦選手の右足が 

           一日も早くよくなりますように ゚・:,。゚・:,。☆

 

「あこがれる」って力になりますね。。

 

 

 

 

ご訪問ありがとうございます
応援していただけると嬉しいです(*❜ ‿   ❜*)


にほんブログ村