IRO☆IRO

60代 まだまだ進化中と思いたい*小さな日常の備忘録

こうなる前に「守ってあげてほしかった!」

月曜日の夕方、テレビをつけたら織田さんが泣いていた。

「どうした?何があった?」と耳を傾けていたら

織田信成さんが関西大学アイススケート部のモラハラ問題で

濱田コーチを提訴したって!!

 

なぜ今? なぜシーズン真っただ中で?

 

それは織田さんの あの涙が物語っている気がした。

 

「僕はメンタルが決して弱いわけじゃない…」と辛そうに泣いて。。

 

 翌朝はいっせいにワイドショーで取り上げられていたようだけど

ふだんから見ないのでスルー。

 

f:id:ema625:20191119221649j:plain

photo ACより 

 

オフシーズンの7月に弁護士と共に大学側へモラハラ問題の解決を求めて行動を起こしたのに、改善の為に対処してもらえず放置されてきた。

監督を辞めるに至った本当の理由を、9月にブログで公表することになっても変わらず…

 

 

織田さんの母校でもある関西大学

その大学側からアイススケート部員の学業成績が悪いことに対して対処を求められ、織田さんは濱田コーチと共に監督として学部長に謝罪。

練習時間を変更して 勉強時間を確保できるよう アイススケート部で提案、話し合いがあったよう。

その後 濱田コーチの態度が変わって来たみたいなので、意見が合わなかったのかな?

(これまでの経緯が織田さんのブログに書いてありました)

 

年齢も 大学での指導年数もかなり上の濱田コーチに

立場は上でも 織田さんは苦しい日々を過ごしたようです。

織田さんは体を壊して監督を辞任するまで追い込まれました。

 

 

大学側は織田さんを監督として歓迎したのなら、部員の学業成績の改善を求めたのなら、

織田さんの訴えを7月の時点でちゃんと受け止めて、対処してあげてほしかったな。ではなくてそうするべきでした。

大学からの要求と濱田コーチとの板挟みで

結局 織田さん、選手、まわりの関係者、ファン みんなが嫌な思いをすることになった。

 

フィギュアスケートを見ながら、よけいなことを考えてしまうシーズンなんて残念だわ~。。。

 

なかったことにはできないんだから、起きた問題はさっさと真剣に対処して解決しなきゃダメってことよね。

織田さんが泣き寝入りして終わると思っていたか? 

母校にそんなふうに追い詰められて 悲しいと思う。

 

 

織田さん頑張って~!応援してるから!!

閉鎖的なフィギュアスケートの世界が 少しでも変わるといいね。

  メンタル強いけど、涙もろいことも知ってるよ^^

 

NHK杯がもうすぐ始まる****

11月22日 BS1 午後4:45~7:30 男子、女子シングルSP

     NHK総合  午後7:30~8:45 男子シングルSP

11月23日 BS1 午後4:40~6:05 女子シングルFP

                  NHK総合  午後7:30~9:45 男子シングルFP

 

 

 

ご訪問ありがとうございます
応援クリックしていただけると嬉しいです(*❜ ‿   ❜*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村