IRO☆IRO

60代 まだまだ進化中と思いたい*小さな日常の備忘録

音楽になった人 羽生結弦゚・:,。☆

『ひさしぶりに納得できるショートプログラムが出来たなぁと思ってます』

 

ああ、 聞きたかった言葉⋆*

四大陸選手権2020 男子ショートプログラム

演技後、インタビュー第一声がこの言葉でした。

 

f:id:ema625:20200207230306j:plain

 

 

自分らしくいられるプログラムとして選び

もう一度「最高」を上書きできたことは 大きな喜びだったでしょう。

 

いつもながらテレビの前で正座して とても緊張して見ていました。

男子SP レベルが高そうで

最終グループみんなノーミスでしたよ…

 

でも 羽生選手の演技は別格でした!

もう音楽そのものになっていました。

誰がどう見ても最高の演技でした。

 

 

 

動画をお借りしました ありがとうございます。

ショートプログラム『バラード第1番』

 

 

 

世界最高得点111.82点 をマーク

羽生選手はまだ112点を目指すと言いました。

自分らしくいられるプログラムとは こういうことなんですね。

 

あとで音を消して羽生選手の演技を見てみたんですけど

完全にショパンのバラードが聴こえます。

音の強さ、流れるようなやさしさ、音楽が展開していくタイミング

羽生選手が音楽そのものでした。

よけいに演技のきれいさがきわだちます。

 

 

喜びと感動をありがとう⋆*⋆*

9日のフリー演技がいっそう 素晴らしい羽生世界になりますように!

祈っています。

 

 

 

ご訪問ありがとうございます
応援クリックしていただけると嬉しいです(*❜ ‿   ❜*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村