IRO☆IRO

日常の小さな備忘録

大阪 中之島辺り

今週のお題「好きな街」

もう一度行ってみたい 好きな街です。

 

朝ドラ「あさが来た」が放送されていた頃、時々見ていて 浅子さんに

とても惹かれたので、広岡浅子さんの生涯を書かれている

古川智映子さんの小説『土佐堀川』を読んでみたことがあります。

バイタリティのある頭の良い方だと知りました。  

 

 

そんな頃に大阪 中之島辺りに行くことができました。

土佐堀川の周辺には 

日本銀行大阪支店、美術館、中の島図書館、中央公会堂など、、、

古くて重厚な建築物が並んでいて、川沿いには木々やバラ園やカフェ。

お昼時に、近くの市役所の職員たちが広々とした並木道を散らばっていく

様子に、「こんなところが毎日の生活の場だったらいいよね~」と

幼友達といっしょに、街の人になったつもりで歩きました。

 

f:id:ema625:20181020144627j:plain

      

f:id:ema625:20181020144718j:plain

 

f:id:ema625:20181020145548j:plain

 

 

戦争中の被害にも負けずに建ち並ぶ立派な建築物が、わたしの大阪に対するイメージを変えました。

昔の人が丹精こめて造った建築物は、日本建築でも洋風建築でも

独特のオーラがあって、見るだけでも中に入っても幸せな気分になれるので好きです。

 

川を北浜駅へ向かって渡ると、五代友厚銅像が立つ大阪取引所が見え

そこから少し行ったところに『五感』という、大正11年築の銀行をリノベーションした素敵なカフェがありました。

吹き抜けの一階にはお菓子が数々並び、 二階はテーブル席が何席かずつに分かれて、いくつかの部屋がありました。

部屋ごとにソファとテーブルの趣が違い、豊かな気持ちになれる空間です。

その座り心地のいいソファで、おいしいスイーツと紅茶を楽しみました。

 

ぜひぜひもう一度行って、定休日だった公会堂の中にも入ってみたいし、

あの界隈を散策したいです。

 

 

 

 

ご訪問ありがとうございます
応援していただけると嬉しいです(*❜ ‿   ❜*)


にほんブログ村