IRO☆IRO

60代 まだまだ進化中と思いたい*小さな日常の備忘録

老いて誰にも従わない…この難しさ

以前ブログに書いたけど

実家の片付けが出来ずに困っていますが

相変わらずというか ますますというか…

老いた母が老いた父の世話に追われているわけですから…

 

 

ema625.hatenadiary.co 

 

今でもわたしや他の誰からも何の手出しもさせてくれないです。

実家に泊ったときは洗濯、浴室と玄関のそうじ、くらいしかしていません。

それでも喜んでくれているかどうかは疑問です。

なので先日 買ったまま置いてあるベッドを組み立てたときは

ちょっとは「助かった」と思ってくれたかな、と後日様子をきいてみたらば

「その日のうちにベッドは畳んでしまった」と!

父はベッドで寝るのを嫌がっていたらしいのです。

まさか父の了解なしに購入したと思わず、さっさと組み立ててしまったわけです。

(父が別の場所で寝ている間に組み立てて、「じゃあ帰るね」と起こして家を出たので父は何も気づいていなくて)

 

父も我儘で、自分の寝起きも世話をする母も ベッドの方が楽なはずなのだけど 絶対に嫌だと機嫌悪くなってしまったらしいです。

 

リハビリやデイケアセンターの利用を拒否する父。

夜 寝付けない父に、ほぼ24時間拘束される大変な状況なのに、

家の中を触られるのを異常なほど嫌がり、モノに執着する母。

なんだか空しさと怒りがこみあげてきて眠れませんでした。

 

ゴタゴタした部屋でケガがないように、火事を出さないように

無事を祈ることしか出来ません。

まだなんとか体力と自由に使える時間を持つわたしは

じれったさや自分の不甲斐なさに 今までずいぶんイライラしてきましたが

もうそう思うのもやめにしようと思いました。

 

f:id:ema625:20191218220127j:plain

       photo ACより

 

 

 

わたしは息子ひとりの肩にかかって行く自分たち夫婦の老後のことを

少しでも負担をなくすように工夫と努力をしていくために

今 時間を与えてもらっているのだと思う事にしました。

体力維持と脳活、老前整理、、、

 

そして 離れて暮らす両親が本気でSOSを出すまでは、もうそっとしておこうと思いました。

さらけ出すのは恥ずかしいけれど、書くことで気持ちが落ち着いてきます。。。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

応援クリックしていただけると嬉しいです(*❜ ‿   ❜*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村